Firebase
Firebase
と連携し、管理画面を開発する
クエリアをご利用いただくことで、お使いのFirebaseと連携して管理画面やダッシュボードを開発することができます。

クエリアとFirebaseを連携することでFirebase内に保存されているデータに自由にアクセスできます。クエリアはFirestoreとFirebase Authに対応しています。

クエリアとFirebaseの接続はほんの数分で完了し、今までは数日や数時間といった多くの時間を費やしていた管理画面やダッシュボードの開発も、クエリアを使えば数十分で完了します。ユーザーデータをテーブルコンポーネントに一覧表示したり、それらのデータを編集、削除することができる管理画面もあっという間に開発することができます。

クエリアはRead、Edit、Delete、そしてCreateなど全ての操作に対応しています。Firebaseと連携した管理画面の詳しい開発方法はこちらをご覧ください

クエリアを試してみる
Firebase
とクエリアを連携する

Project IDとCredentials JSONを入力すればクエリアとの連携が完了します。 詳しい連携方法はこちらのドキュメントをご覧ください https://docs.querier.io/docs/resources/firebase

users' voice
C社在籍のエンジニアEさんのご感想
のご感想

新規事業で管理画面が必要になり、手軽に管理画面を開発できるソリューションを探していた際にクエリアを見つけ、管理画面を自分達でフルスクラッチで開発する必要がなくなったので非常に助かっています。 新規事業で高速でPDCAを回す必要があったため、必要な管理画面を2,3日で作れたことは日非常にラッキーだったと感じています。

Firebase
を使った管理画面

Project IDとCredentials JSONを入力すればクエリアとの連携が完了します。 詳しい連携方法はこちらのドキュメントをご覧ください https://docs.querier.io/docs/resources/firebase

可能なこと
GET

POST

PUT

DELETE

PATCH

Get document

単一のドキュメントの取得ができます。

List documents

ドキュメントの一覧を取得することができます。

Set document

単一のドキュメントを挿入することができます。

Update document

単一のドキュメントを更新することができます。

Delete document

単一のドキュメントの削除ができます。

Bulk insert・Bulk upsert

CSVなどから一括挿入・更新ができます。

List collections・List collection groups

コレクション・コレクショングループの一覧を取得することができます。

外部データソースとの連携

クエリアはどんなデータベースでも
Firebase
と接続することが可能です

クエリアではRestAPIとGraphQL、そしてほとんど全てのデータソースを連携することが可能です。MongoDBからデータを取り出し、SQLとつなぎ、StripeにPOSTするなど、さまざまなご要望にお答えすることができます。クエリアを利用すれば全てのデータソースを一つの場所で管理することになます。

INTEGRATIONS
その他のインテグレーション
Querierを体験する
Querierのフリートライアルセッションをご希望の方は、
今すぐお申し込みください。
FAQ
よくあるご質問
データソースへの対応を日々拡充しています。
メンバーの権限を管理することはできますか?
メンバーによって管理画面のプレビュー権限、編集権限を設定することができます。詳しくは
こちらのドキュメントをご覧ください。
RestAPIと接続する場合、Querierに準拠した構成にする必要がありますか?
Get、POSTなどHTTP通信に準拠した構成であればQuerierでもお使いいただけます。URL、ヘッダー、クッキー、パラメーターには対応しています。
Querierは各社のデータを保持していますか?
QuerierはDBと都度接続し通信を行っております。そのため一切のデータを保持しておりません。
グラフなどのコンポーネントは用意されていますか?
今後、グラフコンポーネントなどビジュアライズ系のコンポーネントも拡充して参ります。