データフロー

MongoDB

とクエリアを接続する

様々なデータソースと連携することで、それぞれのデータを操作(CRUD)できるツールを作るだけではなく、一連の処理の流れをフローとして管理することで、複雑な処理もシンプルに管理できます。
MongoDB
と連携して始める

クエリアから

MongoDB

を操作する

APIを用意することでここに無い操作も実現することができます。詳しくはこちらのドキュメントをご確認ください
さらに詳しく見る

データの取得

MongoDBの `findOne()`, `find()`, `count()`, `distinct()` を利用してデータを取得することができます。

データの作成

`insertOne()` , `insertMany()` を用いて、データの作成することができます。

データの更新

`updateOne()` , `updateMany()`, `findOneAndUpdate()` を用いて、データを更新することができます。

データの削除

`deleteOne()` , `deleteMany()` を用いて、データを削除することができます。

外部データベースやAPIとの連携

様々なデータソースやAPIと連携しロジックを構築することで、データソースをまたぐ複雑な処理も実現可能です。

ローコード管理画面開発SaaSのクエリアなら

管理画面開発の4つの面倒ごとを省略

管理画面開発を高速化するクエリアの基本機能

UIコンポーネント

クエリアなら、ユーザーインターフェイスをデザインする必要はありません。管理画面や、業務ツールに必要なパーツはすでに用意されており、適切なパーツを適切な場所にドラッグ&ドロップするだけでインターフェイスを構築できます。
さらに詳しく見る

データフロー

リクエストを記述したり、ロジックを組んだりすることができるデータフローを使うことで、データソースから返ってきたたデータを表示することも、データソース内のデータを操作することも簡単にできるようになります。フローとして一連の処理をひとまとまりにすることで、複雑な操作も可能です。
さらに詳しく見る

ページとフォルダ

次々と機能やページが増えていきがちな管理画面ですが、どこに何があるのか探すのが非常に大変だと感じたことはありませんか?クエリアなら、ドラッグ&ドロップで簡単にページを整理することができます。理想的な順番に並び変えたり、グループごとにフォルダリングすることで使いやすい管理画面にすることができます。
さらに詳しく見る

権限管理

本来であれば複雑で大掛かりな開発が必要とされる権限管理機能も、クエリアなら楽に実現できます。どのユーザーがどのページにアクセスすることができるか管理することはもちろん、大切なデータソースに対しても、ユーザーごとにアクセス制限を設けることができます。また、権限グループ機能を使えば、特定の部署やチームごとに権限を管理することも可能です。
さらに詳しく見る

クエリアで実際に作られた管理画面

クエリアの4つの基本機能で、管理画面開発における作業時間を大幅に削減することができます

連携可能なデータソース

リクエストにも随時お答えしています、対応をご希望のデータソースがありましたら、
ログイン後、サービス内のフォームよりご連絡ください。