RestAPI
RestAPI
と連携し、管理画面を開発する
クエリアをご利用いただくことでご利用中のRestAPIエンドポイントと簡単に接続し、管理画面や分析ツール、その他の業務効率化ツールを開発することができます。

クエリアをあなたが利用しているREST APIと接続することで、あらゆる機能を備えた管理画面を、他のどの方法よりも素早く構築することができます。管理画面やダッシュボードも数分で構築することができます。

例えば、「ユーザー情報を確認したり、それらの情報に対して適宜変更を行いたい」といった依頼をカスタマーサポートを担当するメンバーから受け取った際も、クエリアを使って、テーブル、ボタン、テキストインプットといったUIコンポーネントをドラッグ&ドロップすることでアプリケーションを開発することができます。

そして、あなたがすでに開発したRestAPIのエンドポイントをクエリア上で操作するだけで、管理画面の開発は一段落し、すぐさま再びプロダクトの開発に時間を割くことができます。これ以上管理画面に対して時間も、労力も使う必要はありません。

クエリアを試してみる
RestAPI
とクエリアを連携する

Base URLとヘッダー情報を入力するだけでクエリアとRestAPIとの連携が完了します。

users' voice
K社在籍エンジニアOさん
のご感想

弊社はすでにプロダクトをリリースしておりましたが、Goを使ってバックエンドの開発を進めていたため、管理画面用の開発はライブラリが存在せず、社内からデータを管理する管理画面の開発までは手が回っておりませんでしたが、クエリアを使ったことでユーザー情報の管理やユーザーが投稿した投稿の管理など必要な管理画面を数日で開発することができました。

RestAPI
を使った管理画面

Base URLとヘッダー情報を入力するだけでクエリアとRestAPIとの連携が完了します。

可能なこと
GET

Headers、URLパラメーター、Cookiesを設定できます。

POST

Headers、URLパラメーター、Cookiesや、クエリアGUI上でbodyをJSONで定義することができます。

PUT

Headers、URLパラメーター、bodyやCookiesを設定できます。

DELETE

Headers、URLパラメーター、bodyやCookiesを設定可能です。Deleteの処理は間違ってデータを削除してしまわないようにデフォルトで制御されています。

PATCH

Headers、URLパラメーター、bodyやCookiesを設定できます。

外部データソースとの連携

クエリアはどんなデータベースでも
RestAPI
と接続することが可能です

クエリアではRestAPIとGraphQL、そしてほとんど全てのデータソースを連携することが可能です。MongoDBからデータを取り出し、SQLとつなぎ、StripeにPOSTするなど、さまざまなご要望にお答えすることができます。クエリアを利用すれば全てのデータソースを一つの場所で管理することになます。

INTEGRATIONS
その他のインテグレーション
Querierを体験する
Querierのフリートライアルセッションをご希望の方は、
今すぐお申し込みください。
FAQ
よくあるご質問
データソースへの対応を日々拡充しています。
メンバーの権限を管理することはできますか?
メンバーによって管理画面のプレビュー権限、編集権限を設定することができます。詳しくは
こちらのドキュメントをご覧ください。
RestAPIと接続する場合、Querierに準拠した構成にする必要がありますか?
Get、POSTなどHTTP通信に準拠した構成であればQuerierでもお使いいただけます。URL、ヘッダー、クッキー、パラメーターには対応しています。
Querierは各社のデータを保持していますか?
QuerierはDBと都度接続し通信を行っております。そのため一切のデータを保持しておりません。
グラフなどのコンポーネントは用意されていますか?
今後、グラフコンポーネントなどビジュアライズ系のコンポーネントも拡充して参ります。