ユースケース

教育事業者向けの教材管理画面

クエリアによって作られた、教材を管理するための管理画面には、コンテンツ、ユーザー、カテゴリー、コンテンツ配信、アクセス制御、レポート、支払い、サポートの8つの機能が必要とされます。この管理画面により、教材の追加・編集、ユーザー管理、教材のカテゴリー分け、配信管理、アクセス制限、利用状況の把握、支払い情報の管理、サポート対応などが行えます。

アプリ内の教材を管理するための管理画面には、以下のような機能があります。

  1. コンテンツ管理機能:提供する英単語帳や教材を登録・編集できる機能です。教材の追加、修正、削除などを行うことができます。
  2. ユーザー管理機能:アプリのユーザー情報を管理する機能です。ユーザーの登録、削除、編集、検索などを行うことができます。
  3. カテゴリー管理機能:教材をカテゴリーごとに分類する機能です。英単語のレベル別、テーマ別、ジャンル別など、様々なカテゴリーに分類することができます。
  4. コンテンツ配信管理機能:提供する教材をどのように配信するかを管理する機能です。教材の公開、非公開、期間限定公開、ダウンロード制限などを設定できます。
  5. アクセス制御機能:ユーザーに対して教材のアクセス権限を管理する機能です。有料コンテンツや会員限定コンテンツなど、アクセス制限をかけることができます。
  6. レポート機能:ユーザーのアクセス状況や教材の利用状況を把握することができる機能です。アクセスログやダウンロードログ、利用状況の集計などを行うことができます。
  7. 支払い管理機能:有料コンテンツの購入や会員登録に必要な支払い情報を管理する機能です。支払い情報の登録、編集、検索、請求書の発行などを行うことができます。
  8. サポート機能:ユーザーからの問い合わせやサポートに対応する機能です。お問い合わせフォームやチャット、FAQなどを提供することができます。

連携したデータソース

今回使用したデータソースの一覧です。

使用したUIコンポーネント

今回使用したUIコンポーネントの一覧です。
ローコード管理画面開発SaaSのクエリアなら

管理画面開発の4つの面倒ごとを省略

管理画面開発を高速化するクエリアの基本機能

UIコンポーネント

クエリアなら、ユーザーインターフェイスをデザインする必要はありません。管理画面や、業務ツールに必要なパーツはすでに用意されており、適切なパーツを適切な場所にドラッグ&ドロップするだけでインターフェイスを構築できます。
さらに詳しく見る

データフロー

リクエストを記述したり、ロジックを組んだりすることができるデータフローを使うことで、データソースから返ってきたたデータを表示することも、データソース内のデータを操作することも簡単にできるようになります。フローとして一連の処理をひとまとまりにすることで、複雑な操作も可能です。
さらに詳しく見る

ページとフォルダ

次々と機能やページが増えていきがちな管理画面ですが、どこに何があるのか探すのが非常に大変だと感じたことはありませんか?クエリアなら、ドラッグ&ドロップで簡単にページを整理することができます。理想的な順番に並び変えたり、グループごとにフォルダリングすることで使いやすい管理画面にすることができます。
さらに詳しく見る

権限管理

本来であれば複雑で大掛かりな開発が必要とされる権限管理機能も、クエリアなら楽に実現できます。どのユーザーがどのページにアクセスすることができるか管理することはもちろん、大切なデータソースに対しても、ユーザーごとにアクセス制限を設けることができます。また、権限グループ機能を使えば、特定の部署やチームごとに権限を管理することも可能です。
さらに詳しく見る

クエリアで実際に作られた管理画面

クエリアの4つの基本機能で、管理画面開発における作業時間を大幅に削減することができます